ゲイの気になるあれこれ

ゲイの気になるあれこれ

色白なのに日サロに通った話

夏になると小麦肌へのあこがれがより一層深まります。
僕は結構色白で、ほっとくとほんとに真っ白。。
そんな肌に結構コンプレックスがありまして、
通いましたよ!日サロ。

 

まずどこにあるの
都内に住んでるので都内のことにはなりますが、
基本的に繁華街があるところにはありますね。
雑居ビルの中がたいがいです。
薄暗い狭いビルにあることが多し。
僕が行ったのは中野のサンラウンジ、錦糸町のサンラウンジです。

goo.gl

 

お店はここに決めた


家から近いのは錦糸町のサンラウンジだったので、
ひとまず仕事終わりに電話で予約を入れて行きました。
※個人的には意外だったんですが、予約しないと全然入れません。笑

 

 

料金がお店によってぜんぜん違う

マシンや、規模によって全然料金はバラバラだと思います。
サンラウンジに関しては、同じグループでもお店によって値段が違いますが、
弱いマシンで1,000円~2,000円って感じでした。
歌舞伎町のサンラウンジが一番安いみたいですね。

 

 

 

いざ入店

錦糸町店はオートロックになってるのでインターホンを押してからドアがあいて、
そこから入店という感じでした。めちゃくちゃ暗いビルの上だったんで、
階段も大変だし、暗くて不安たっぷり。
店員さんはイケイケのお姉さん。美人なお姉さんでした。
愛想がいいってわけではないけど、
テキパキと手続きを進めてくれてカゴのなかにタオルが入ったものを、
渡されて「6番です」って言われたのでそのまま部屋へ。

 

 

選んだマシン

選んだマシンはもちろん一番弱いマシン!
30分に設定してもらいました。
最初のうちは赤くならないように何度も通うのがコツだそうです。

 

 

 

強いマシンより弱いマシンでじっくり

f:id:kazu_hide:20190827131946j:plain

めっちゃきれいなスタンド型のマシン めっちゃ強くて真っ赤に。。

行き始めた頃、ぜんぜん黒くならないので

強いマシンに12分だけ入ったことあるんですが、

赤くなっただけで皮が向けて台無しになりました。
絶対弱いマシンでじっくりがいいですよ。

 

 

実感がなかった1回目

店内は暗いし、なにこれ、全然黒くならないじゃん!
2,000円がパーだな!って思ってました。
でも、ネットで調べたり店員さんに聞くと、

3日後とかにもう一回来て、っていうのを繰り返さないと

下地ができないっていうことらしい。

 

 

 

確実に実感を感じた3回目

そんなこんなで週3通いました。
正直めんどかったけど、家に帰った時、
おっ、なんだか小麦肌!と実感。
3回目にして下地というやつができたみたいです!
一生色白と諦めてたので、結構嬉しかったですね。

肌が赤くなっただけで白く戻らないためのコツ
僕みたいに色白は、どうしても効果が出にくいです。
でも、そこで焦って強いマシンに入ると、10分程度にも関わらず、
真っ赤になって皮が向けて今までの努力が台無しに。。
あんまり焼けないなあと思いながらも、
弱いマシンでじっくり!これが本当にコツです。

 

 

世の中の色黒さんは努力家

ジムに通ってても、クラブに行っても、
色黒マッチョが居ますが、彼らはホントに努力家だと思います!
歌舞伎町とかにも居る、やんちゃそうな真っ黒兄ちゃんは、
こうして日々努力してるんだなあと一つ勉強になりました。

いそいそと焼いてかっこよくなろうとしてるんだな!
と、思うと、チャラチャラした人も見え方が変わりますね~

タンニングマシンに入るときは、
市販のタンニングオイルなどは使わないほうがいいです!
ムラになったり、お店に注意されることもあるみたいなので!

f:id:kazu_hide:20190827132028j:plain

ベッド型はいつも寝てしまいそう

 

自然光で今日は焼く!って日だけタンニングオイルを、
使うのもありかもしれませんね。

 

 

それではまた!