ゲイの気になるあれこれ

ゲイの気になるあれこれ

ゲイホテルに泊まった話(1泊目):Gs Gay Hotel(台北)

f:id:kazu_hide:20190926190222j:plain

外観はこんな感じでスッキリ綺麗。

今回、台湾へ旅行したときは、

チャレンジをテーマにしていたので、

はじめてゲイホテルに

宿泊してみました!!

 

まずは1泊目のことを書こうと思うので、

お店の内容や詳しい詳細を

書いてみようと思います。

 

 

予約方法

まずは予約方法ですが、

エクスペディアなどでも予約できます。

しかし、ここのホテルは

公式のWEBが一番安いし、

日本語にも対応しているので簡単にできます。

一人用のシングルタイプが一番いいと思います

ドミトリールームのほうは、

ほかの人と同室になるので、

絶対ダメだと思います。貴重品も心配ですしね。

だいたい1泊3,400円〜という感じです。

驚異!雄汁四連発

 

アクセス

僕は一人で台湾に行ったので、

桃園空港からはMTRで台北まで出て、

そこからは地下鉄でRed Line(赤の路線)の

中山駅に行きます。

そのあとは、Green Line(緑の路線)で

南京三民駅に向かいます。松山駅行きの方面ですね!

近くには徒歩でいける、

饒河街夜市もあるところです。

南京三民駅からは3番出口を出て、

まーーーっすぐ進むだけです。

だいたい3分くらいで着きます!

夜中も歩きましたが、別に問題ない場所でした。

人が少ないので、最初は怖いですが、

別に何も問題なかったですね!

淫乱野郎 押●学の秘密

 

チェックイン

ここは宿泊ではなくハッテン場としても、

使う人がいるんですが

僕が「excuse me」と声かけた時点で、

「宿泊」ってわかってくれました。

日本語対応できるスタッフさんはいなかったので、

翻訳機や、たどたどしい英語でなんとか

チェックインが完了。

カードで支払い済みだったので、

領収書をもらい、

青と赤の二種類、シリコンバンドを受け取りました。

 

館内案内

受付のスタッフが、

中を案内しようか?と英語で教えてくれたので、

案内をお願いしました。

1Fは受付とちょっとコーヒーを

飲めるようなスペースがありました。

2Fはシャワールーム、洗面、

トイレ、部屋が4つ、ロッカーという感じでした。

f:id:kazu_hide:20190926192746j:plain

2Fは清潔感のあるシャワーやトイレなど

2Fのロッカーに履物などを入れます。

貴重品もここのほうがいいですね!

3Fは部屋がだいたい10室くらいに、

シャワールーム、喫煙室、

トイレ、ソファーっていう感じでした。

f:id:kazu_hide:20190926192707j:plain

僕の部屋がある4Fの部屋が並ぶ様子

4Fが僕の部屋があるところで

ほとんどが部屋だけ、あとはソファーもありました。

ウォーターサーバーや、

ドリンクが入れられる冷蔵庫もありました。

f:id:kazu_hide:20190926192907j:plain

ソファーは結構ここで居る人が多い

5Fはテレビモニターがある

ソファーがたくさんあるゾーンと、

サウナ、シャワーと、

テラスにジャグジーがありました。

全体的にすごい綺麗でしたよ。清潔感もあったし。

 

部屋に到着

引き戸のドアになっていて、

シリコンバンドの赤の方をかざすと、

ドアのロックが解除されます。

f:id:kazu_hide:20190926193355j:plain

中はこんな感じでベッドだけという感じ

ベッドがあるだけなんだけど、

ものを置くスペースや、

ハンガーもかけられるので全然十分でした。

また、廊下が見えるようになっていて

そこがブラインドになっているので、

寝待ちをする人はそこを開けてるみたいです。

過激!淫乱乱交

 

客層

僕が泊まったのは、日曜日だったので、

多分人はもう少ないかなって

思ってましたが、

結構人はいて、

10人は超える人が宿泊していました

日本人は僕を入れて2人でその他は

台湾人、あとは欧米の人もいましたね。

台湾人は、若い人が多いように見えました。

たぶん若い子がハッテン場がわり?か、

台北以外から遊びにきてて、

ここに泊まるのかもしれないですね。

台湾人の子はスリムだったり、

体をちょっと鍛えてる子がいたり、

若くて体が綺麗な子が多かったです。

過激!淫乱乱交

 

1日目の感想

まずは1日目なんですが、

結構広くて、清潔感がめっちゃありました

シャワーとかも結構綺麗だし、

この安さで自分の空間も確保できるので、

よかったです!

あとは結構イケメンもいたんですが、

僕が中国語ができないので

アプローチもかけにくくて、

何もやらなかったです。

ただ喫煙では英語で可愛い台湾人に

声かけられたんですが、

最後はあんまり何を言ってるかわからず、

困っちゃってると、ありがとうって言って

去ってしまいました。残念。。

あとでFacebookで教えてもらったんですが

5Fのサウナ、

ビデオのところでアプローチかけるそうです。

二日目はアプローチも頑張って、みようと思います!

 

Gs Gay Hotel

www.gshome.co

住所:台北松山区南京東路322号5号, Songshan Dist., Taipei, 10569, 台湾

(英語だとNo. 322, Section 5, Nanjing East Road, Songshan District, Taipei City, 台湾 105)

営業時間は24時間です。

外出するたびにロッカーキー、ルームキーは預けないといけないです。

その際にそれぞれの番号を伝えます。