ゲイの気になるあれこれ

ゲイの気になるあれこれ

ゲイマッサージで働くのはアリ?ナシ?

f:id:kazu_hide:20190817102849j:plain

僕は以前、ゲイマッサージ店で働いてた話をしましたが、

今回はゲイマッサージでバイトとかってアリ?

働くとどんなところがしんどいか、

どんなところがメリットか、書いて見ます!

 

バイトとしてのゲイマッサージ

僕は会社員になってからゲイマッサージの

バイトを掛け持ちしてたんですが、

意外といけました。

お店によるとは思いますが、

お店や自宅で待機してて、

お客さんがきたり、

予約が入ったら、施術するって感じです。

なので、自由時間が多いので

掛け持ちとしてはかなり良いと思います!

 

男銃

ゲイマッサージで働くメリット

メリットとしては、一つあるのが

自由時間が多いこと!

待ち時間は基本的に自由なので、

学生の人は勉強してることが多いし、

ジムに行く人もいるし、

ゲームを持ってきて、

ゲームしてる人もいるみたいですね!

僕は筋トレしたり、読書してました!

 

2つ目は、身体に対する向上心が

上がっていくことです!

ジムに通っている人や、

通っていた人はわかると思うんですが、

向上心とかモチベーションって

すごい大事なんですよね。。。

筋トレって自分との戦いって感じなので、

見てもらうって大事だと思います。

見て触られるゲイマッサージは

なんかもっと良い身体になろうとか、

褒められたから頑張ろうっていう気持ちになるのが、

個人的には結構よかったです。

 

最後に3つ目は、

時間に結構自由がきくので、

掛け持ちしやすい

僕が働いてたところは、

スタッフと顔合わせすることはなかったです。

なので、個人でマンションに待機とか、

自宅待機だったので、

どんな人がいるかはわからないですが、

学生が一番多くて、その次は社会人でした。

学生は普通のバイトをしたあと、

夜〜朝までをゲイマッサージに

勤めてるって人もいました。

深夜3時くらいまでお店はやってるので、

待機してる時に仮眠して、

連絡があって起きることが

できる人なら、普通に寝てる人もいたみたいです。

 

デメリットや向いてない人は?

デメリットもそれぞれ結構あると思います。

まず一つ目は、

バレないか・・・という心配

これは結構お店による問題ですね。

お店に相談すれば全然大丈夫だと思うんですが、

お店によってはお店のアルバムや、

WEBページに出しちゃってるところがあって、

ぶっちゃけ顔が隠れてても、

分かる人には分かるし、バレます。笑

そういう経験ありますよね?

あれ・・・これってあの子じゃ?みたいなw

みんな結構こういう売り専とか、

ゲイマッサージのサイトって見てますからね。

 

2つ目は、仕事と割り切れず、

生理的に触られるのとか、

触るのがいやな人がきた時に辛い

これ結構あると思うんですが、

ゲイの人のほうが、

もしかしたらきついのかも。

好みじゃない人意外と、

触り合ったりできない!とか。

そういう理由なら辛いかもです。

僕は意外にも結構割り切っていたので、

タイプじゃなくても

平気だったし、

なんだったら顔を

あんまり見なかったかもしれないです。。

あとは、そんなに、

めっちゃおじいちゃん!みたいな人とか

こないですw

30代〜40代のリーマンがメインです。

たまーにすっげえ太った人とかきてましたね。笑

それはもう単純にマッサージが

力づくだったので、

疲れました。w

 

3つ目はお店によっては

ほぼ売り専っていうお店もある!

実を言うと、僕は3店舗くらい

面接というか体験入店までしてますw

売り専が母体のお店は、

マッサージといいながらほぼ売り専ですので、

注意してください!

研修も一回だけで、マッサージっていうより

なんか触るだけのところとか、

完全に売り専です。

しかも予約あんまり入らないからっていう

理由で、

売り専にシフトさせることが

ほとんどなので注意してくださいね!

まあ売り専でもいっか!っていうなら

全然いいと思いますよ!

 

結果としては

結論としては、僕は結構うまくやってたので

ぜんぜんアリ!です。

転職と、留学などがあって、

辞めちゃったんですが

戻れたらいいなって思います。。

しかしもうすぐ31になるような男なんで、

そんなに需要もないですな。笑

給与に5〜10万プラスで収入があったので、

生活に潤いはできましたね。

あと、身体を褒められたり

自分で興奮してもらえるってのが

なんか結構よかったですw

僕が変態だから?なのか、

身体を鍛えた結果、そう言われるのは

シンプルに嬉しかったですし、

向上心も生まれたのでよかったです。

 

最後までお読みいただきまして、

ありがとうございました。

次回はどんな人が働いていたかを

もう少し詳しくかけたら良いなって思います1

 

それでは、また!

男銃