30代ゲイの気になるあれこれ

ゲイの気になるあれこれ

東京のゲイSMバーに行ってみた!

f:id:kazu_hide:20201101190145p:plain

SMバーに初潜入


少し前にはなるんですが、自粛明けにSMバーに行ってきました。

新宿二丁目にゲイのSMバーがあるのは知ってたんですが、

なんとなく恐れ多くて行けないままでした。

ただ今回は勇気を出して扉を開けてみました!

今回はそんなゲイのSMバーの感想も書いてみましたので、読んでいただけたら嬉しいです!

 

 

ゲイ向けSMバーは少ない!?

調べてネットで調べてみてもゲイ向けのSMバーは東京でもかなり少なく、

今ではTABOO-Kさんしか僕は探し出せませんでした。

大阪や他の県には別のゲイのSMバーはありました!

そちらはまた別の機会に潜入してみようと思います!

もともと二丁目には縄というSMゲイバーやTABOOというSMゲイバーがあったそうです。(TABOOで働いていた方が今マスターとしてお店をしているのがTABOO-Kだそうです。)

 

TABOO-Kに行ってみた

ネットで調べてみると初心者にも行きやすいお店で、明るい雰囲気でもあるっていうことでTABOO-Kに訪問しよう!と思い行ってみました。

新宿三丁目駅から新宿二丁目の仲通りを歩いて少し道を歩くとありました!

2階にあるTABOO-Kは看板ですぐわかります。

夏の暑さがまだ残る頃だったので人も多くていつもと違う妙な緊張を持って扉の前までやってきました。

 

雰囲気や客層は?

扉を開けると想像よりもかなり広く、新宿二丁目の中ではかなり広い内装でした。

入るとすぐカウンターがあり10名くらい座れる広さで荷物を置く場所やボックス席もありました!

僕が行ったときはとても早い時間でしたが、3人くらいお客さんがいて

20代、30代という感じでした。思ってたよりもとても若い客層・・・。

 

そしてお店のママさんはとてもお話上手で基本的にお話メインで、

一人でくるお客さんがほとんどなのでいい感じに誰でも楽しめるお店のようでした。

お酒の種類も豊富で料金もかなり明瞭でした。

初心者の方には料金の説明から何から何まで教えてもらえました

 

SMゲイバーだけど普通に良いゲイバー

SMバーというコンセプトなのでユニフォームが飾ってあったり

SMグッズが店内にありますが 、お客さん同士が楽しく話したりママさんのトークを楽しむ感じで、一人で来てもとても楽しめるようでした。

もともと一人で行けるお店が二丁目には少ないなって感じていたので、

かなりいいお店だなって思いました。

 

感想

感想としては思ってたよりも2倍は楽しめました。

結構ドキドキして行ったんですが、ほとんどのお客さんが一人で来ていたので隣の方も交えて話してくれるマスターさんのおかげでとても楽しく過ごせました。

僕が帰る頃には満席になっていました。

僕は内心、「この人はSかな」「この人はMかな?」と妄想していました。

コンセプトがはっきりしているゲイバーは初体験だったんですが、

とても楽しい良い時間を過ごせたのでまた、近々再チャレンジしてみようと思います!

客層は本当に20代〜30代がメインという感じでした。

 

お店の詳しい情報

店名:TABOO-K

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-13 フジタビル 2F

電話:03-3341-6263

営業時間:基本18時OPEN(日曜日はカフェ営業もあるそうです)

※詳しい営業時間はSNSなどをチェックしてください。

客層:リーマン、学生、マッチョ、短髪、体育会系、普通系など幅広く

 

twitter.com

 

今回はゲイのSMバーを紹介しました!

が、しかし!

思いがけず普通にお店でした。

こういうびっくり体験はお得な気分ですね。

 

僕が縛られたり、縛る機会があればまたそれも記事にしてみようかなと思います。

初心者の方にとてもおすすめなお店なのでぜひ気になった方は、

行ってみては?

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます!

コメント、各種SNSへのシェアお願いします!