ゲイの映画レビュー

【台湾のゲイ映画感想】先に愛した人(誰先愛上他的)を何度も観て書きました!

こんにちは!ゲイリーマンの、のびのびハスキーです。今回は台湾で数々の賞を受賞した現在Netflix(ネットフリックス)で配信中の映画、先に愛した人(原題:誰先愛上他的)について感想を元に記事にしました。

LGBTQの理解も進んで同性婚もアジアで一番乗りになった台湾のとっても良い映画だったのでご紹介します。

ネタバレを含む記事になっているのでご注意ください。

しゅんた

台湾には良いゲイがテーマのドラマや映画があるっていうね。この映画は新しい映画なの?

のびのびハスキー

2018年公開の映画で日本にNetflixで配信されはじめたのも比較的最近だね!俳優さんもかっこいいからそこも見どころだね。

【推しの誕生日を祝う!】ケーキ専門通販サイトCake.jpで推しケーキを作ってみた!
【推しの誕生日を祝う!】ケーキ専門通販サイトCake.jpで推しケーキを作ってみた!こんにちは!相変わらず熊猫堂を毎日聞いてしまっているのびのびハスキーです。今回は僕の推しメン熊猫堂の崔云峰の誕生日祝いのために初めて推しケーキをcake.jpというところで作ったので体験談をまとめました!推しケーキ結構ハマりそうです。...

「先に愛した人」のあらすじ

主人公は中学生の男の子。その男の子の死んだゲイであることを隠していた父親の恋人は保険金受け取りにもなっていた男でした。その男は自由気ままな性格で舞台俳優をしている。保険金の受け取りが妻ではなく、愛人である男という事実に激怒しながら日々を過ごす母親と、思春期を過ごす男の子。

この映画では男の子視点中心で話が進んでいきますが、その中で男の子の父親と父親が愛した男(愛人)との話が歴史とともに紐解かれていきます。

「先に愛した人」のネタバレありのざっくりストーリー

主人公の男の子の父は死んでしまう病気になって、妻にもカミングアウトし、家族の元を離れて元恋人のもとへ戻りました。その恋人は男で、父はゲイだった。ここでタイトルの「先に愛した人」というのが回収されます。

なぜ、ゲイだとわかっていて当時付き合っていて、愛してた人と離れたのか?それは父が「同性愛者だけど異性との結婚を選んだ」からです。しかし、自分が死ぬことがわかったら先に愛してた人と一緒に居たいと思うようになったのです。

そのことを元恋人を通じて保険金の受取人が愛人になっていることにヒステリックを起こしている母と、男の子が少しずつ理解していきます。最初は3人とも大切な人を失ったショックもあって、理解できずにぶつかり合っていたのに、時を重ねるに連れて不思議な情が生まれていきます。

「先に愛した人」は映像が綺麗で可愛い演出も

「先に愛した人」は最初から最後まで色が綺麗で、雰囲気もどこかノスタルジックでとても綺麗でした。なぜかどこか懐かしく感じてしまう町並み、きれいな配色の部屋。

また、印象的だったのが主人公の男の子の感情やつぶやきが、手書きの可愛いイラストになって映像にあらわれてくるところです。母親に囚人服のイラストをつけて牢屋に入れたり、面白い演出でした。

また、自分の父親と恋人のキスシーンが回想として映っているシーンでは鉛筆でぐちゃぐちゃっと隠してしまう演出などがあって男の子の頭の中を描いているんだなあと感じました。

まとめ「先に愛した人」はお涙頂戴系の映画じゃない

同性愛がテーマだったりLGBTQがテーマになっているゲイの映画は特にバッドエンドだったり、お涙頂戴の悲しいストーリーが多いんですが「先に愛した人」では最終的に感動のラスト!ではなかったです。しかし、そこがとてもよかったです。

ネタバレになりますが、僕の一番好きなシーンは最後のシーンで母親と男の子が台湾の屋台で買ったフライドチキンを二人で食べ歩きながら家に帰るシーンです。ここが映画を観てないとわからないと思うんですが、映画を観たあとのこのシーンだとかなり良いんです。

個人的にはヒステリックなお母さんも落ち着いて、反抗しまくっていた主人公の男の子が二人仲良く家に帰っていく日常が描かれていてここでどっと涙が出てしまいました。台湾のどこか懐かしい日本のような景色と、きれいな空が映ったシーンがとても印象的でした。

のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA