ゲイの気になるあれこれ

ゲイの気になるあれこれ

台湾のゲイクラブに行った話:G*Star Club(ジースター)

f:id:kazu_hide:20190930121106j:plain

初めて行った時はおしゃれでびっくりした

台北のゲイクラブと言えば、

G*Starが有名ですね。

最近ではcircleやアブラゾなど

お客さんが持って行かれてると言われてますが、

まだまだお客さんはたくさんいました。

そんなG*Starについて書きます。

 

 

場所について

中山エリアになります。

最近はすっかり中山エリアが熱いですね。

住所は、台北市台北市中山區龍江路23號のB1です。

goo.gl

南京復興駅と、忠孝復興駅の間らへんにあるんですが

南京復興駅のほうが近いと思います。

歩いても、もちろんいけますがタクシー

Uberを使ったほうが簡単にアクセスできます。

 

料金・システム

トロマン高感度UP

料金は1ドリンクのチケットが付いてて

350NTDだったと思います。

女性も一応入れますが、女性は割高だったはず。

ドリンクはバーカウンターで注文します。

バーカウンターのスタッフさんは

まあまあツンとしてることが多くて、

発音ちゃんとしたカクテルじゃないと

全然聞き取ってもらえません

指差しでもいいかも。それか困ったらビアーで。笑

 

客層

CLUB CK DOWNLOAD

若い人が多く20代〜30代という感じです。

週末は24時以降が一番盛り上がるので、

21時とかに行ってもわりと客はまばらです。

でも、広い分、空いて見えて、

結構な人はいます。

 

テーブル席のルール

僕は初めて行った時は混みすぎてて、

すぐにほかの店に行ったんですが、

テーブル席があって、座って飲んでる人や

テーブルを囲んで立ち飲みしてる人がいました。

ここでは、ビールを一定数買うと

席を予約?することができて

座って飲んだり、仲間で一緒に

テーブルを囲んで盛り上がれるそうです。

なのでテーブルの上にはすごい数のビール缶が

並べられて居ることが多いです。

確か、以前紹介したcommander.Dでも

このルールのようなものはあるそうです

席につきたかったらお金を払うって感じですね。

そんなに高くないので何人かできた時は

試してみるといいと思います!

 

実際に体験!

以前、台北に遊びに行った時は、

台湾に住む友人が連れてってくれて、

ビールを買って席を確保してくれて、

誕生日のお祝いまでしてくれました。

それはもうすごい装飾の、

カクテルタワーをスタッフが持ってきて、

店内でめちゃくちゃ目立っちゃいました。

台湾人の人って外交的な人が多くて、

日本人とわかってても、ガンガン話しかけてきます。

僕はもうかなり酔ってたので、

ヘロヘロな英語で、いろんな人と話しました。

しかもお酒が強い台湾人もすごい多いので、

何回も乾杯してしまって、、

もうそのあとはヘロヘロでした。笑

f:id:kazu_hide:20190930123228j:plain

上からフロアを見るといっぱい・・・

 

感想

24時以降がピークなので、

K-POPタイムとかもあります。

フロアで踊ったり、お立ち台に上がって

みんなで踊ったり、クラブとして

かなりみんな楽しんでました。

少し英語が話せるならかなり交流はできると思います。

結構、ガンガン話しかけられます

僕はたまたま通訳で台湾人がいたので、

結構助かったんですが台湾人の子が英語 or 台湾語だったので、

結構頭使いました。

広々としてますが、

さすがに週末のピークはぎゅうぎゅうです。

また、パレードの時は普通に

30分〜1時間くらい並ばなければ入れませんし、

中は事故するレベルにパンパンです。

ぜひ普通の週末で行って見てください!

カクテルもひとつずつ作ってくれるので美味しいですよ

 

G*Star Club

CLUB CK DOWNLOAD

住所:台北市台北市中山區龍江路23號B1

■Bus
住新莊或從西門町中華路 請搭257
台北火車站可搭257/202/203/205/276 在八德路龍江路口的中央日報下車
(257比較快)

■Metro
忠孝復興1號出口步行 約15分くらい
南京復興2號出口步行 約10分くらい

 

goo.gl