CULTURE

ゲイリーマンが君の心に刻んだ名前(刻在你心底的名字)の感想を書きました|ゲイ映画レビュー

先月12月23日に190カ国で公開されたNetflixの映画「君の心に刻んだ名前(刻在你心底的名字)」を観ました。台湾の映画でLGBTQの主にゲイのことが描かれた話です。今回はその感想を書いていきます!

(最後の感想には若干ネタバレもあるのでご注意ください!)

ゲイリーマンおすすめのゲイがテーマの漫画・コミック7選BL漫画とは違ってリアルなゲイについて描いた漫画のなかでもおすすめの漫画を紹介しようと思います。BL作品のようなドラマチックなことはないけれどゲイならではのリアルな描写がある漫画、コミックを今回は7つに厳選し、紹介したいと思います!...

この映画の感想を一言で言うと

今までのゲイテーマの映画の中で一番好き!です。

とにかく、時代背景も良いし、俳優も良いし、音楽も良くて映像も最高に美しい。何より泣けます。

あらすじ

1988年、40年間にわたる戒厳令が解除された台湾が舞台。台中の男子校に通う阿漢(アハン)と柏德(バーディ)は、校内のブラスバンドで出会い、親友となる。

その後女子学生を受け入れることでバーディは新入生の女子学生と付き合うことになることで二人の関係は崩れ始めます。同性愛を認められていない時代の中での、人々の心情がとても細かに描かれています。

主人公の二人がイケメン過ぎる

少し話はそれますが、主人公の二人がイケメンすぎて、、裸のシーンなど正直かなりドキドキします。

結構裸のシーンが多い、身体はきれいなのでそこも必見です。ゲイテーマの映画の中でも群を抜いてイケメンを起用している映画だと思います。

悲しい台湾の歴史

当時の台湾では同性愛に対してとても厳しい風潮のようでした。同性愛者が町中で同性愛に罪はないというような訴えをしていると、警備員に取りやめるように怒られているシーンもありました。

また男子校では同性愛をうつる病気とし、暴力を受けている生徒も居てたった30年前であえこんなに苦しい思いをしていた人がいたんだ。とおもうととても胸が痛かったです。

感想(ネタバレあり)

感想は最初にも述べた通り、個人的にはブエノスアイレスを抜く美しい映画でした。胸が痛くなるシーンも多かったですね。

なんとなく途中まで、このままバーディは女子と結婚してしまうのかなって思ったんですがやっぱりバーディもアハンのことが好きだったんですね。

お互いを見つめるときの目が愛しているときの目だったし。

ただ、時代背景もあって二人はその後、想いをお互いにわかった上で30年離れることになる…。

その後最後は幸せな終わり方をするのでとてもよかったです。バーディがなぜ女子を紹介したのか、協会の教師?の方がなぜアハンを止めたのか、同性愛の道は苦しいからアハンにそういう想いをさせたくなくて止めていた。

そうわかったときは胸がめちゃくちゃ痛かったですね。最後にはお互いまた再会し、バーディはアハンの写真を未だに持っていた。

とても心が温まったんですがこんな想いをして30年も辛い想いをしてるなんて…。バーディとアハンのような辛い想いをするLGBTQが、居ないボーダーフリーな世界が作れたらいいなあと思いました。

ちなみにエンディングロールでは、アハンとバーディの素敵なシーンが流れるのでそこも必見です。

海辺の二人は美しすぎてびっくりしました。最後に予告のYouTubeのリンクを貼っておきます。是非一度見てみてください。

のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA