LIFESTYLE

ゲイマッサージ店で面接して働くまでの話〜ゲイリーマンの体験談〜

ゲイマッサージ店で働いてみた

こんにちは!最近やたら焼き魚が好きなのびのびハスキーです!

僕は以前20代の頃、ゲイアプリでスカウトされてゲイマッサージ店に少しの間働いていたことがあります。

今回はそのゲイマッサージ店での体験談を記事にまとめました。面接がどんな感じか、実際に入店まではどんな流れかについて詳しく書きました。

ゲイにおすすめのゲイ業界の副業まとめ5選〜ゲイリーマンでもできる副業〜
ゲイにおすすめのゲイ業界の副業まとめ5選スキマ時間にバイトや、副業を始める方がとても多い今の世の中。せっかくの時間を副業でお金を作りたい。今回はゲイ業界の副業についてまとめました。社会人をしながらゲイ業界でバイトしたい人ゲイ、ゲイのフリーターなどに向けた記事になっています。...

きっかけはゲイアプリでのスカウト

20代の頃に某ゲイアプリ(ピンク)でゲイマッサージ店のマネージャーをやっている人からメッセージをもらって、その当時結構暇してたのでまあ一回経験してみるか!と思って面接まで行きました。

その後メッセージを何回かやりとりして、場所を教えてもらって後日面接することになりました。

そこはGoogle Mapで調べると有名な高層マンションだったので内心、半信半疑でした。

しゅんた

え!ハスキーくんがスカウトされるの!?手当り次第なのかな…

のびのびハスキー

そうかも…いや、普通に失礼だし。シンプルに!

面接当日

面接当日に都内某所の高層マンションへ。

エントランスに入るまでに扉が2つ、そしてマンションの部屋番号で呼び出すとドアが開く。

大きいマンションなのでコンセルジュが二人も居てちょっとドキドキした気持ちでエレベーターに乗りました。エレベーターで目的のフロアについても、また自動ドアで部屋が並ぶ通路へは入れない。

また部屋番号を押してドアを解除してもらいました。

しゅんた

やっぱりゲイマッサージの店長になると儲かるのかなあ〜そんな高層マンション…

のびのびハスキー

めちゃくちゃ大きいマンションで都内でも有名なマンションだったよ。ところでコンシェルジュってなにしてるんだろ?

面接が始まる

インターホンを押して出てきたのはめっちゃくちゃイケメンでゲイ受け抜群のマッチョさん。とても愛想がよくてフレンドリーな性格で、そのまま中へ通される。

富豪の家、というような内装でインテリアも超高級。絵に書いたようなお金持ちの部屋だ。

そのまま部屋の一室で椅子にかけてまっていると店長らしきマッチョが登場。「ハスキー君?ジムとかも行ってるの?」と声をかけられたんで「はい!一応」と答える。

のびのびハスキー

今でも覚えてる犬顔で可愛くてマッチョのマネージャーさん…あんな完璧なルックスなかなか居ないなあって思った。

しゅんた

その人も元々マッサージをしてた人だったんだよね!

やっぱりある!身体検査

「うちは結構厳しくて、面接は100人来ても合格は1人くらいかな」と言われて愛想笑いしながらヘラヘラしていると、身体を見て「う〜ん。もっと身体大きくしたほうがいいけど、まあいっかな」と言われなんかさらりと合格。

その後身長体重や色々な項目が書かれたシートに記入して面接は一旦終了という感じでした。

しゅんた

身体検査!?

のびのびハスキー

そうそう、一応ガタイ専のお店だったからね(笑)

研修が始まる

僕は正直、ゲイマッサージなんてほとんどが適当でしょ?くらいな気持ちだったので研修があるのはびっくりしました。(今思えばだいぶ失礼)

調べて見ると僕の務めることになったお店は金額も平均よりも少し高額で、たしかにみんななんとか式マッサージ取得とか書いてて資格を持っている人もかなり多く在籍していました。

研修相手はイケメンマッチョ

僕はもちろんマッサージの経験がなかったので研修を受けることになったんですが、研修してくれるのはあのイケメンマッチョ君。

「さて、研修を何日かやるけど試験で合格しないとずっとお客さんの前には立てないから頑張ってね!」と声をかけられました。

思っていたよりもめちゃくちゃちゃんとしてる!内心そう思いながらマッサージの研修がはじめまりました。

のびのびハスキー

研修の時が1番楽しかったかもなあ。あの時が永遠に続けばよかったのに〜

しゅんた

それはマネージャーくんにとって地獄だね。

全身のマッサージってしんどい

今までマッサージが好きで普通にマッサージ店に行くことはあったんですが、マッサージをする側ははじめての体験。

90分練習しただけでも指も痛いし、腰や足もパンパン!こんなにしんどいのにマッサージの人は毎日何時間もやってるの!?と弱気になりました。

「ちょっとこれ毎回こんなしんどいんですか?」と尋ねると「最初は体重のかけ方が下手なだけ、慣れれば体重をかけてできるからそんなにしんどくないよ!」と教えてくれました。

のびのびハスキー

あれ以来マッサージに行く時はすごくありがたいなあって思ってるよ!

ついに試験に合格する

1週間くらい研修を受けて、チェンマイ式?ロミロミ?を勉強しました。

1番難しいのは手順を覚えることでした。90分〜120分のコースをしっかり暗記しないといけないのが時間配分含め結構難しかった

試験のときは店長を相手にマッサージしたんですが、マッチョだからカチコチ!!全身ぐったりしながらマッサージをして「ん〜、もういいかな、明日から頑張ってね」と言われてはれてお客さんの前に立てることになりました。

初出勤

ついに出勤できることになったんですが、お店というよりマンションで一人でお金を受け取ったり部屋の準備もしないといけない。なので、管理や掃除、連絡などの覚えることがここでも山盛り!

しかも、いきなり独り立ちっていうことで久しぶりに緊張しまくりでした。

待機するとすぐにマネージャーから電話で「もう予約入ったからあと15分後だよ〜」と言われメールで詳細のコースを確認しお客さんが来る前に色々準備。

お客さんが来店

玄関でお客さんを迎え入れてまずはお金を受け取ってシャワーへ案内。

シャワーも追加料金で一緒に入ることもあります。

この時はシャワー同伴がなかったんですがお金をいそいそと金庫に片していると「やっぱりシャワー同伴もつけて」って言われて初出勤で初シャワー!ハード!(笑)

シャワーも同伴

マッサージや業務の内容は研修やマニュアルもあったけど、シャワーはなんにもない!とこの時若干パニックになりながら同じシャワーへ。

何すればいいかわからずとりあえず全身を洗う。人の体を洗うことって実はいままでしたことがなかったから不思議な気持ちで身体を洗いました。

のびのびハスキー

最初のお客さんは30代の若い人だったけど、介護ってこんな感じなのかなあって内心思っていたよ〜

いざマッサージ

シャワーを浴びたあとは施術台に案内し、マッサージをスタート!

やっぱり実際のマッサージは少し緊張、でも力加減やマッサージも「良い感じ、すぐ眠くなりそう」と言ってもらってやる気が出た僕はゾーンに入ってあっという間にマッサージが終わりました。

やっぱり時間の配分が難しい…。マッサージ中はお客さんが少し寝てしまっている時間もありました。

マッサージを終えて

その後またシャワーを一緒に浴びて、お客さんを見送って終了。

その後はマネージャーなどに報告書を作成してメール。この日は夜17時から23時までの勤務だったのでその後も休むことなく予約が入っていたのでクタクタになりながら帰宅しました。

感想

ゲイマッサージのお店の仕事は思ったよりも楽ができなくてとっても大変でした。

しっかりと研修があるお店ではマッサージのクオリティも高くて良いんじゃないでしょうか?ちょっと高いので僕はまだまだ行くことはないかなっていう感じです。(笑)

客層は比較的30代〜40代がメインで、想像していたおじいちゃんみたいな人は全然来なかったです。

むしろ既婚者が多く良い思いもできたかも…。

次回は給料や実際のお客さんについて書いてみたいと思います。

今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA