LIFESTYLE

自分がゲイ(同性愛者)かどうかをチェックする方法〜同性愛者かどうかの心理テスト〜

自分がゲイ(同性愛者)かどうかをチェックする方法〜同性愛者かどうかの心理テスト〜

こんにちは!僕はLGBTQで言うとGのゲイに当てはまる性自認は男性で、性的指向も男性です。

そこで今回は自分が同性愛者、特にゲイであるかどうかを診断できる方法、心理テストをまとめました!(※このテストで確実に自分の性的指向や性自認が必ずわかるものではなく性には多様性があることが前提です。)

のびのびハスキー

最近ではテレビでもLGBTの話題が多くて少しずつ理解が深まっているように感じるね

しゅんた

ただ自分たちがLGBTQの当事者でも他のセクシャルについてはまだまだわからないことだらけだよね

この記事が役立つ人
  • ゲイかどうかの診断をしてみたい人
  • 心理テストが知りたい人
  • 自分がゲイかどうか知りたい人
平凡なゲイでサラリーマン!〜ゲイブログを書いてる僕の自己紹介〜
平凡なゲイでサラリーマン!〜ゲイブログを書いてる僕の自己紹介〜今回はゲイでサラリーマンののびのびハスキーの自己紹介についての記事になります!ゲイブログを書くならどんな人が書いているのかっていうのは必要になるかなって思ってまとめました。ご興味がある方は見ていただけると大変うれしいです!...

LGBTQのG(ゲイ)とは?

最近はテレビやメディアでも取り上げられることが増えてきたLGBTQという言葉(場合によってはLGBTだけのこともあります)はご存知でしょうか?僕はその中でもGはゲイです。

性自認が男性で性的指向も男性である人がG(ゲイ)に当てはまります。

そのほかはLはレズビアン、Bはバイセクシャル、Tはトランスジェンダー、Qはクエスチョニングです。

今回はその中でも僕が当事者なのでゲイ(同性愛者)について心理テスト、診断テストをまとめました。

ゲイかどうか悩んでいる、自分がどうかわからないという人には参考にしてもらえると嬉しいです。

性的指向とは?

人の恋愛や性愛がどういう対象に向かうかを性的指向といいます。

この性的指向が同性の場合は同性愛(レズビアンやゲイ)ということになります。

これは生まれながらに同性愛者の人も居たり、僕のように生きていく中で同性愛者になる方も居ます。

今まで異性とお付き合いしたり交際していても、後に同性を恋愛対象として見る人も居ますし、生まれた頃から性的指向が同性に向いている人もいます。

簡単にできる同性愛(ゲイ)の診断・心理テスト

今回は僕がゲイの当事者であるためゲイの心理テスト、ゲイの診断チェックをご紹介します。

レズビアンかどうかを悩んでいる人も女性として当てはめると対応できます。

ゲイの診断・心理テスト
  • 女性より男性と一緒に居る方が好き
  • 女性より男性のことが気になる
  • 女性より男性を目で追っていることがある
  • 男性の裸を見ると恥ずかしい気持ちになることがある
  • 男性とハグしたり、手をつないだりしてみたいと思う
  • 男性と性的関係を持ってみたいと思ったことがある
  • 男性と二人っきりになると緊張する
  • 女性より男性と付き合ってみたいと思う
  • 男性といるとドキドキする
  • 女性を本気で好きになったことがない

当てはまる数が多ければ多いほど同性愛者、ゲイである可能性が考えられます。

しかし、LGBTQは性的指向の多様性があるので自分がゲイかも!?と思っても実は性に関係なく人を愛したりできる人も居ます。

一概に自分はゲイだ!とこだわる必要はないのかなって個人的には考えています。

バイ(バイセクシャル)かもしれない場合も

先程のゲイかどうかの心理チェック、診断には当てはまるけど、なんか違う…という人も中には居ます。

それはバイセクシャルなのかもしれません。

性自認は生まれた時の性と一致しているけど、性的指向は男も女も当てはまる人です。

僕の周りにもバイセクシャルの人は少なくありません。

婚歴がある人で男性と何年も付き合っている人も居るし、女性とも男性とも付き合ったことがある人は全然少なくありません。

好きになった人がたまたま男性だった、女性だったという人はバイセクシャルである可能性が高いです。

のびのびハスキー

僕の元カレはサピオセクシュアル(sapiosexual)というもので、知性が性的指向になっているという人でした。

ノーマルかアブノーマルかという言葉が誤解を生む

今でも日本ではテレビで芸能人、タレントが性自認が生まれた時の性と一致していて、異性が性的対象であることをノーマルやストレートという言葉が使われます。

しかし、そもそも多数派が普通で少数派は普通じゃないというのが余計にややこしくしてしまっているんだと僕は日々感じています。

正直、それで幼少時や学生時代悩んだりつらい思いをする人が数多く居ます。

しかし、よくよく考えてみたら別に他人がどういう性自認でどういう性的指向かって知る必要もないし、それが少数派だからって全然どうでもいいと僕は思うのです。「人は人、よそはよそ」

ノーマルかアブノーマルという言葉を使うことでより理解を難しくしてるだけでしょう。

ゲイで生きてきて今は良かったと感じる

ゲイかどうかの心理テストや診断で自分はゲイだった!!とつらい思いをする人、悩む人も居ると思います。

しかし、僕は今30代ですが今思えばゲイで生まれて日本で育ったことで今では特に不自由なく暮らしています。

それどころかゲイという性的指向の少数派ということでそれが共通点で色々な人と仲良くなれたことが今では資産になっています。

ゲイだからと、悩んでいる人はより多くのゲイと知り合うことをおすすめします。

SNSやゲイアプリで色々な人と出会ってみればきっと良い出会いで悩みも少なくなっていきますよ。

のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA