BEAUTY

【意識高い系?】東京に住むゲイはジム通いが当たり前?〜ジム通いが多い5つの理由〜

【意識高い系?】東京に住むゲイはジム通いが当たり前?〜ジム通いが多い5つの理由〜

京都、大阪を経て現在は東京在中のゲイリーマン、のびのびハスキーです。東京に住んでみると東京のゲイは他と違うと思う特徴が色々あります。その1つにジム通いです。

東京に住むゲイはとにかくジム通いが多い、これはノンケでもジム通い率はかなり高く感じます。なぜ東京住みのゲイはジム通いが多いのか、それについて理由をまとめてみました。

しゅんた

たまたまかもしれないけど、僕の友達もみんなジム通いだね!

のびのびハスキー

みんながみんなそうじゃないけど、ジム至上主義みたいなところはなんとなくあるよね。特にしゅんたくんも、僕もそういう人が好きだからっていうのも原因かもだけど…

老後2,000万円問題で悩みたくない!〜ゲイリーマンによるお金の守り方を紹介〜
老後2,000万円問題で悩みたくない!〜ゲイリーマンによるお金の守り方を紹介〜ゲイリーマン、ただ会社員の僕は30歳を越えてからより一層老後や将来のお金について考えるようになりました。漠然とある不安の根源はお金だとわかったんです。その結果、本屋さんでお金に関する本を読み漁り、より一層お金について勉強するようになりました。色々な本を読み漁ってて気づいたのは固定費の見直しについては数多くの本が同じようなことを書いていて、毎月・毎年発生するような固定費は必ず見直して極力減らし、そのお金を知識投資、資産運用に回したほうが良いということでした。そこで今回は簡単にできる僕も実施している固定費の見直し方法について詳しくまとめました!...

理由1 ゲイ人口が多いため競争率が高い

ゲイが多いという理由で東京へ上京する人も居ますが、東京は確かにゲイ人口はダントツ多いです。

しかし、だからといってイケメンも取り放題!入れ食い!というわけではありません。イケメンの数はたしかに高くなるかもしれませんがその分ライバルの人口も倍増するのでイケメン争奪戦は激化します。

ルックスはある程度持って生まれたものに左右されますが、身体作りに関しては努力でなんとかプラスにもってくことができます。

そのため筋トレで身体の見た目でプラスにもっていこうと考えている人が少なくないんではないでしょうか。少なくとも僕はルックス面で加点するためにジムに通って身体作りに励んでいます。

ゲイの人口が多い分努力してないとなかなか生き残っていけないんですよね。

しゅんた

東京都内ならだいたいどこでも凄い数のゲイが生息してるもんね。

のびのびハスキー

新宿エリアは特に多くてプロが集まる中野エリアも凄い過密状態だね。

理由2 スポーツジムがそもそも多い

ジムに通うノンケも大阪に住んでた時に比べてかなり多いと感じます。その理由の1つはジムの多さが要因ではないかと感じます。

都心部に限らず東京都23区内ならかなり多くのジムがあって、たいていの駅前にはスポーツジムが必ず1つ以上あります。

僕の住む街の最寄り駅には大型のスポーツジムが2つ、エニタイムのような小さい24時間営業のスポーツジムが2つあります。駅前に4つもジムがあるという状態ですが、どのジムもなかなか人が多く混雑しています。スポーツジムを目にする機会が多く、ジムに入会する人も多くなっているんではないでしょうか

しゅんた

パーソナルジムも合わせると相当な数のスポーツジムがあるもんね!

のびのびハスキー

ジムが増え続けているってことは利用者も増えてるってことだから単純に筋トレ人口が増えてるのかもしれないね!

理由3 全体的に意識高めな高感度な人が多い

東京に上京するとすぐに感じるんですが、全体的に意識高めの人がとにかく多いです。悪い言い方をすると鼻に付く人がとにかく多く何でも意識高いです。

そのため流行の感度も高く、ファッションにも感度が高いゲイが比較的多めです。見た目の意識もかなり高い人が多いので身体もきれいにしたい、健康にも気を使いたいというゲイが特に多く感じます。

ゲイアプリのプロフでも東京ではジム週○日というのが必須なのか?というくらい多いです。また、どこのジムに通っているかということも書いていてゴールドあたりがヒエラルキーも高めな印象です。

ちなみにパーソナルトレーナーしてるっていうマウントをとってくる人も多く意識高めな人たちと関わるとマウント地獄にも巻き込まれるので注意。意識高い系のゲイが多いし、意識高い系は沼にもハマりやすいので注意してください。

しゅんた

意識高いからこそ東京に上京するっていうことかもしれないしね。

のびのびハスキー

自分もまあまあ意識高いほうだと思ったけど、上には上がいるなあと最近諦めてるよ。(笑)

理由4 ジム通いはステータスにもなりつつある

ジム通いっていうのがステータスの一部のようになっています。例えば中野住みで、エニタイム通いよりもなぜか浜松町とか青山のゴールドジム通いのゲイのほうがまあまあ上からの目線で会話してくる傾向があります。

なのでステータスのようにゲイアプリやSNSのプロフで「○○住み」と同じように「ゴールドジム会員」みたいなことが書かれている事が多いです。

その場合、たいていリアルすると聞いてもないのにガシガシとマウントとってくるのでステータスのようにジム通いを使っている人が多いなと感じます。

しゅんた

ゴールドジムに通ってるとそんな上から言ってくるの?

のびのびハスキー

全員がそういうわけじゃないけど、やたらゴールドジム至上主義な人も居るね。日本人はブランドロゴやブランド力に弱い傾向があるのでゴールドジムは成功例だと思ってるよ!

理由5 出会いが多いため見られることが多い

東京はとにかくどこへ行っても人が多いです。会社員としても人との出会いが多いですし、ゲイの出会いももちろん相当多いです。地方に住んでた頃に比べると何倍も日々、はじめましてという人に出会います。

そのためやっぱり身だしなみとしてだらしない身体よりも良い身体のほうがいいなって感じてしまいます。例えばゲイバーに飲みに行っても毎回同じ人ばっかり、みたいなことが東京では全然ないです。

どこに出会いが転がってるかわからない!と思うようになってジム通いで自分を上げていってます。

しゅんた

確かにゲイバーに行ってもいつも同じ人!みたいなことってあんまりないかも

のびのびハスキー

常連さんは居るけど、その常連さんもお気に入りのゲイバーがいっぱいあるからなかなか毎回一緒っていうことはないよね。

まとめ〜意識高くするのもほどほどに〜

ジム通いは健康の意識が高くなるので絶対に筋トレは良いことだと感じます。しかし、行き過ぎはだめだしジムに通ってないからといってその人にマウント取るのもどうかと思います。

僕は職場の近くにもあるし、どこでもあるエニタイムが便利で使ってるんですが、ガチマッチョゲイとリアルした時に「エニタイムに通ってますよ」と話したら「近くにゴールドあるからゴールドも入会したほうがいいよ!!」と結構ゴリ押しされました。

エニタイムは下みたいなステータスに位置づけられてその後の会話はたいてい少し上から話されることになってまあまあしんどい時間を過ごした経験があります。

なので、意識高いのもいいけど相手に強要するのもよくないし、相手より勝ってるって思い、マウント取るのはいけないなあと反面教師になりました。

東京は他の都市に比べて本当にマウントが凄いのでこれから上京するゲイの皆さんは気をつけてくださいね。

今回も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!よかったらコメントやメッセージをお待ちしています!

のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA