LIFESTYLE

【上京してわかったこと】東京住みゲイと地方住みゲイの違い

【上京してわかったこと】東京住みゲイと地方住みゲイの違い

こんにちは!塩おにぎりが大好物なのびのびハスキーです。僕も東京へ上京したゲイの1人なんですが、東京住みのゲイと、地方住みゲイの違いについてまとめてみました。

僕の体感ではゲイは上京する比率が高いと感じるのでその魅力などについても詳しく書いてみました。

しゅんた

若い頃には東京がすべて!くらいの気持ちだったけど、年々生きづらさも感じることはあるよね。

のびのびハスキー

僕の場合はあくまで仕事の街っていうイメージで、出会いが多いのは確かだけど出会いが多いからってメリットばっかりじゃないしね!

この記事が役立つ人
  • 上京しようと思っているゲイ
  • 地方住みのゲイ
  • 東京と地方の違いを知りたい人
【発展場体験談】大阪のpanic8 plus(パニックエイトプラス)レポート
【発展場体験談】大阪のpanic8 plus(パニックエイトプラス)レポートこんにちは!今回は大阪の新しい発展場panic8 plus(パニックエイトプラス)に行ってきたので体験レポートをまとめました。全国ほかの発展場にはない、8角形の個室が特徴である人気の発展場なので楽しみにしていました。これから大阪の発展場に行こうと思っている人に参考になれば嬉しいです。...

東京へ上京するゲイが多い理由

僕はもともと大阪に住んでいましたが、大阪からも東京へ上京する人は毎年とても多いです。

東京へ上京する一番の理由は「仕事」でしょう。仕事がないのに上京する場合は多くの人が生活も苦しくなって結局故郷に帰ってしまうパターンもあります。

転勤がある職業の場合、東京をはじめとする関東への転勤が確率的に多いからです。その他には就職・転職活動で東京を中心に探すことで仕事を理由に上京するゲイが多いです。

良い仕事が多いのは事実ですが、そのほかにはやっぱりゲイが集まる街、日本の中心地ということで東京への憧れを持って上京する人も多いように感じます。

東京ではゲイタウンもいくつかありますし、ゲイイベントやゲイバー、発展場などが他県に比べて圧倒的に多く、ゲイの出会いが充実しています。

そのため、色々なゲイが集まる東京に上京したいという気持ちを抱いて上京するゲイが多いように感じます。

東京住みゲイの特徴

大阪から上京して東京に住むゲイの特徴がわかってきたのでこの章では簡単にまとめました。なぜだかわからないんですが、上京すると性格も変わってしまうゲイが多いのは事実だと僕は感じています。

筋トレに対する意識が高い人が多い

東京に上京してまず思ったのが筋トレしているゲイが多くてマッチョが多い点です。僕が筋トレしていて、筋トレしている人が好きなのでそういう人が周りに多いという点はもちろんあると思います。

しかし、ゲイアプリを開いてもジム通いの比率は高いですし、友達との会話でも筋トレの話題は必ずといっていいほど話題に上がります。

初リアルでもどこのジム?とか、プロテインはどこのを買ってる?とか結構定番の話題になりますね。

東京はゲイが多いため少しでも他人より良い見た目じゃないとなかなかゲイの戦国時代に勝ち抜けないので筋トレをして自分の魅力をアップさせないと輝けない…ということもあるんじゃないかな?と僕は予想でしています。

フィジークに出ている人とかもゲイで居るので本当に意識高い人が多く、パーソナルに通う人が東京は本当にめちゃくちゃ多くてスタンダードに思っちゃいますね。

住んでる場所にこだわる人が多い

東京に住んでからよく感じるのが住んでいる場所に結構こだわる人が多いという点です。

どこに住んでるの?という会話は普通にあるんですが、中央区、港区、品川区などの一般的に平均家賃が高いとされる高級住宅街に住んでいるゲイはだいたい軽くマウントをとってきます。

基本的に家に呼ぶことのほうが多く、ほかの人の家に行くということが少なく感じます。東京のゲイにとって住んでる場所はその人のヒエラルキーも表しているんじゃないかな?と感じることはあります。

同棲・ルームシェア率が高い

東京に住んでから結構多く感じるのが一人暮らし率の低さです。同棲、ルームシェア率がかなり高いです。理由としては家賃がほかの都市に比べて高くなるからです。

東京都23区の場合は結構中心地から離れたとしてもそれなりにきれいな物件なら安い物件はそうそう見つかりません。

そのせいか一人暮らし率はかなり低くて、リアルするときもかなり高い確率でルームシェアしている人が多いです。

ノンケの世界でも実家暮らしやルームシェアしている人は彼氏や結婚できる確率が格段に下がると言われています。

実際ルームシェアなどをしていると相手を連れ込めないのでゲイもデキ率が結構下がるんじゃないかなと感じています。

逆に1人暮らししていると相手が家に遊びにくることが多いので深い関係になりやすいように思いますね。

仕事に対する意識が高い人が多め

仕事で東京に上京している人も多いですし、起業するために東京へ上京する人も少なくありません。

そのため東京ではゲイに限らずですが仕事に対してギラギラしている、意識の高い人が多いのも事実です。

仕事においても最前線で戦っている人も多いので仕事が一番大事で、恋愛は後回しというようなゲイも少なくありません。

そういう僕もどちらかと言えばお金を稼ぐために、良い仕事をするために上京した1人なので恋愛やプレイベートはついつい後回しというか優先順位は下げてしまいがちです。

東京に住むゲイは会社を経営したり、ゲイバーのオーナーをやってたりビジネスを積極的にやっている意識が高い人も少なくありません。

ゲイの出会いが多い

東京は日本の中でも圧倒的にゲイの人口が多いです。

新宿、渋谷などのゲイが多い地域ではゲイアプリを開いても100m範囲内にゲイがいっぱい!なんてことは日常です。

そのためゲイアプリだけではなくゲイバーでも毎回知らない人との出会いがあるし、ゲイイベントも数多くのゲイが集まります。

そのほかホームパーティーや色々なイベントなどで色々なゲイと知り合う機会があります。日々新しい出会いが多いのはやっぱり圧倒的に東京がほかの地域との違いを感じるところです。

地方住みゲイの特徴

この章では僕が実際地方に住んでたときに感じる東京住みのゲイとの違いをまとめました。地方住みのゲイもなぜか東京に行くと東京の特徴に染まりやすいのはなぜなんでしょうかね。

車持ちのゲイが多い

地方住みのゲイの大きな特徴は車を持っていることが多いことです。東京では家も1人で住んでる人はわりと少ないので、車を持っている人はごく少数です。

そんな中、地方に住むゲイは結構な確率で車をもっています。

そのため、旅行やドライブデート、ちょっと遠出、東京のゲイとは一味違った楽しみ方ができます。

僕も旅行で地方に行くときはゲイの友達が車を出してくれたり、ゲイアプリで知り合った人と会うときは車で迎えに来てくれることも多く、東京ではありえないなあと感じることがあります。

車だけではなく家も買っている人が多いのも特徴かもしれません。

人混みが嫌いなゲイが多い

東京に住みたくないというゲイも数多く居ます。その大きな理由の1つが人混みが嫌いという点です。

東京は住んでて感じますが、どこに行っても人が多いです。新宿や渋谷、品川、新橋などの人の多さはもちろんですが、住居ばかりの住宅街がある駅でも人が多いです。

電車の中も朝晩は混むし、人混みが苦手な人は地方に選んで住んでいる人が多い印象です。

東京で人が多くて困るのは電車の遅延や自然災害などで電車が止まったときに帰宅難民になりやすいところもあります。

そのほか、コロナが国内で広がったときはマスク不足になったり、トイレットペーパーや物資がかなり需要に対して供給が足りなくなったり…人災が起きやすいところも少し不安要素としてあります。

繋がりを大切にするゲイが多い

東京はゲイもとても多く住んでいるので1つ1つの出会いに対してもわりとたんぱくになってしまう人が多いのも特徴です。

その点、地方の場合はゲイバーやゲイのネットワークも狭いので横のつながりが深いことが多く感じます。

誰か1人とつながっているとその人を経由してより広いネットワークでより深いゲイの友達を作ることもできやすいんではないか?と感じました。

東京では広く浅く、という関係がメインですが地方では狭く深く。という具合に本当の友達と呼べる人が多い印象があります。

出会いを大切にしてくれるゲイが多い

僕は旅行が好きなので色々なところに1人で旅行をします。

その時にゲイアプリやSNSで知り合った人とあそぶことが多いんですが、観光地をたくさん案内してくれたり地元のおいしいお店を教えてくれたりよくしてくれることが多い印象があります。

そのほか、縁が切れてしまうことも少なく、その後もいい関係が続くことが多く一つ一つの出会いをとても大切にしているように感じます。

それは東京と違って次から次へと出会いが供給される環境ではないからなのかなと僕は予想しています。

東京に住んで楽しいのは若いうちがピーク?

こうして比べてみるとなんとなく東京がきらびやかで魅力的に感じるかもしれません。それは、出会いも多いことが要因であるでしょう。

しかし、東京に住んでゲイとしての生活が楽しいのは20代がピークで30代からゆるやかに下降していくように感じます。

どんどん若くてかわいい子、若くてかっこいいイケメンのゲイが毎年どんどん東京へ上京するため相当魅力がない限りは楽しい毎日もそんなに続きません。

特に新宿二丁目のゲイバーに行っても若い子がメインで楽しんでいるので30代以降は毎週毎週飲みに行く人もどんどん居なくなっていくのでゲイイベントも足がどんどん遠のいていきます。

まとめ

最終的には地方都市に住みたい

東京に上京するのは若いうちが絶対に良いです。例えば遅くても20代後半で東京で仕事で来るのが一番ですね。

みんな仕事をバリバリ頑張っている人も多いので仕事を生きがいとして頑張りやすいのも東京の魅力の1つかもしれません。

仕事に対する意識が高いゲイも多いので仕事を通じて良い出会いもあるでしょう。

今回のまとめ
  • 東京は筋トレに対する意識が高い人が多い
  • 東京は住んでる場所にこだわる人が多い
  • 東京は同棲・ルームシェア率が高い
  • 東京は仕事に対する意識が高い人が多め
  • 東京はゲイの出会いが多い
  • 地方住みゲイは車持ちのゲイが多い
  • 人混みが嫌いなゲイが多い
  • 繋がりを大切にするゲイが多い
  • 出会いを大切にしてくれるゲイが多い
のびのびハスキーのつぶやき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA